聖地巡礼 下諏訪×魁塚×相楽総三×るろうに剣心

掲載日:2017年6月1日 カテゴリー:観光スポット タグ:, ,
LINEで送る
[`evernote` not found]

下諏訪町に魁塚(相楽塚)という塚があることをご存知ですか?

 

るろうに剣心の登場人物、相楽左之助のモデルになった相楽総三が処刑された場所として慰霊碑が建てられている場所です。今回は、ここを聖地巡礼という視点で紹介したいと思います。

 

スポンサーサイト

 

 

るろうに剣心 × 相楽総三 = 相楽左之助

るろうに剣心

 

るろうに剣心はご存知ありますか?るろうに剣心とは1999年に週刊少年ジャンプで連載、アニメで放映、佐藤健で実写化された漫画です。

 

明治時代初期の日本が舞台で、ストーリー自体はオリジナルのものですが、赤報隊や新選組、明治11年(1878年)5月14日に起きた大久保利通暗殺事件(紀尾井坂の変)など、史実や実在人物を物語に絡ませている作品です。海外でも人気が高く、SAMURAI Xとしてしられています。

 

 

相楽総三

江戸出身の幕末戦士。赤旗軍の隊長。

 

西郷隆盛、大久保利通らと江戸近辺の倒幕運動を行なっていました。薩摩藩の指示に従わずに流山と萩野山中で挙兵し、旧幕府方を刺激し、庄内藩と旧幕府軍による江戸薩摩藩邸焼き討ち事件のきっかけを起こしています。相楽たち赤報隊の度重なる独立行動や独断専行を危惧した新政府は赤報隊に帰還を命じたが、相楽たちは命令に従わなかったことにより、相楽たち赤報隊は官軍の名を利用して沿道から勝手に金穀を徴収し、略奪行為を行う「偽官軍」とされました。

 

これらの度重なる行為により、魁塚で処刑されました。

 

 

相楽左之助

るろうに剣心に登場する相楽左之助は、この相楽総三がモデルになっています。怪力と打たれ強さが武器で、徒手空拳や巨大な刀剣”斬馬刀”で戦う東京一の喧嘩屋です。幕末時代は赤報隊の一員として活動し、自分達の保身から逆族の汚名を着せた明治政府に与していた緋村剣心(主人公)に戦いを挑むが敗北。その後は剣心の人柄に惚れ込み、頼れる仲間として物語に深くかかわっていく人物です。

 

これらの幕末の歴史上の人物と漫画の登場人物をつなぎ合わせるのが、魁塚です。

 

 

聖地巡礼 下諏訪 魁塚を訪れよう!

下諏訪駅から徒歩10分のところにある魁塚。近年、偽官軍の汚名は返上され、相楽総三ら赤旗軍は明治維新の重要な人物であり、時代を魁た人物だという想いから建てらてたのが魁塚です。

 

 

聖地巡礼として訪れる人は少なくありません。この日もお花が手向けられていました。慰霊碑ということで盛大なスポットではありませんが、この地で歴史が動き、アニメの重要な人物の物語にもなる場所と思うと感慨深いものがあります。

 

諏訪大社を訪れたのち、お散歩がてら訪れてみてはいかがでしょうか。

 

分厚くてボリューミーなとんかつ 老舗とんかつ屋 丸一 下諏訪

 

 

魁塚 詳細情報

スポット名:魁塚(相楽塚)

入場:無料 常に訪れることが可能です。

場所:長野県諏訪郡 下諏訪町(その他)5360


クリックして頂けるとたくさんの人が見つけやすくなります。
諏訪地域をたくさんの人に紹介したいので、ぜひ、クリックをお願いします。

↓↓ この記事が良いと思ったらクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 諏訪情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ

スポンサーサイト

↓↓ この記事が良かったら、リツイートやいいね、ブックマークをお願いします ↓↓

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す